IT・ソフトウェア関連の翻訳例

CFDシミュレーション (和訳例)

Development of a high-throughput fine line metallization process using CFD simulation

CFDシミュレーションを用いた高処理量の極細ライン金属化プロセスの開発

 

 

To demonstrate the development of a centrally fed parallel dispensing system by means of analytical and numerical fluid simulation

分析的および数値的な流体シミュレーション法を用いて、中心的に供給された並行分配システムの開発を示すこと

 

 

To study the novel parallel high-precision fine line dispensing unit currently in development at Fraunhofer ISE

フラウンホーファーISEで開発中の最新かつ高精度の極細ライン並行分配ユニットを調査すること

 

 

Rheological data from highly viscous, shear thinning, yield stress metal pastes used for thick film metallization approaches in photovoltaics were fed into a computational fluid dynamics (CFD) simulation tool.

太陽光発電における厚膜の金属化法で使用した粘性、煎断減粘性、および降伏応力の高い金属ペーストから得られた流動学的データを計算流体力学(CFD)シミュレーションツールに追加した。

 

 

Rheological behavior of two different non-Newtonian, yield stress dispensing pastes was compared with that of water in terms of their laminar pipe flow profile.

2つの異なる非ニュートン性および降伏応力を示す分配ペーストの流動学的動態と、水の流動学的動態を管内層流で比較した。

 

 

Different nozzle geometries were analyzed using a commercial CFD simulation tool with respect to the evolution of pressure, pressure gradient, velocity, and shear rate distribution.

圧力の発生、圧較差、流速、煎断速度分布に関しては、計算CFDシミュレーションツールを用いて種々のノズル形状を分析した。

 

 

A prototype parallel dispensing unit containing ten nozzles was designed and optimized using the same tool until a homogeneous paste distribution to all nozzles was ensured.

10個のノズルを含む試作品の並行分配ユニットに関しては、ペーストが全ノズルへ均質に分布するまで同一のツールを用いてデザインおよび最適化した。

 

 

The influence of fabrication tolerances, especially those related to nozzle diameter, was isolated and a suitable fabrication process was chosen.

製造公差の影響、とくにノズルの直径関連の影響を特定し、適切な製造プロセスを選択した。

 

 

Process optimization using a single nozzle approach led to an average finger width below 35 μm.

単一のノズルを用いた加工の最適化法ではフィンガー幅の平均が35 μm未満になった。

 

 

A detailed analysis of the process stability of parallel-dispensed cells will be given in a future study.

並行分配された細胞の加工安定度に関しては、詳細な分析を行う予定である。

日本語→英語

正式社名ロゴタイプは、汎用社名ロゴタイプと同様に他のデザイン要素との調和を考慮し独自にデザインされたロゴタイプで、和文の横組・縦組および英文が用意されています。
正式社名ロゴタイプの再現には必ずデジタルデータを使用してください。
Logotypes of official company names, as well as all-purpose company name logotypes, are specifically designed to harmonize with other design elements. Horizontal and vertical layouts in Japanese and English version are available.
Logotypes of official company names should be re-produced through the use of digital data.


上記基準は他のデザイン要素との関係性を重視したものであり、サイン等特別なスペースでの表示や、アイテム特性により個別対応でデザインされた場合には適用されません。
Isolation guidelines are set in consideration of the relationship to other design elements. This rule does not apply for display designs such as signs with limited space or cases that are specially designed according to an items’ individual characteristics.


表示色は黒(K100%)、1色表示の場合はベタ(100%)を原則とします。背景色によっては白抜き表示も可能です。
Generally, display color should be Black (K100%), or solid printing (100%) when printed in single color display setting. Reversed display may also be permitted, depending on the background color.


和文及び英文の指定書体が入手できない場合に限り、代用フォントを使用することもできます。
Other substitute fonts may also be used in cases where the designated Japanese or English fonts cannot be obtained.


組合せる正式社名ロゴタイプ(英文)は、使用目的によりサイズを調整してください。またアローラインはコーポレートシグネチュアを表示するサイズにより、バランスのとれた太さや長さで表示してください。
Adjust the size of selected official company name logotype (English) accordingly with the purpose of usage. Adjust the width and length of the arrow line to the best balance with the display size of corporate signature.


ここに示す各コーポレートシグネチュアの再現には必ずデジタルデータを使用し、色見本に照らし、基本表示色を正確に再現してください。
Utilize digital data re-producing the corporate signatures indicated here, and use color samples to ensure that the colors are as similar to the basic display colors as possible.


これらの表示パターンは、各種アイテムに展開する際の最も基本的な表示方法です。各アイテムの機能、目的や表示スペース等の条件に応じた適確な表示の目安としてください。
These combination patterns show the most basic display methods applied to various items. Use these combination patterns for reference when determining the right display positions according to an item’s purpose or available space.


アローマークにブランドロゴタイプ以外の要素を組み合わせてはならない。
Do not combine any other elements other than the brand logotype with the arrow mark.


アイソレーションの範囲外であっても、強い印象の要素を近くに表示してはならない。
Do not place other ostentatious elements nearby, even if outside the area of isolation.


単色表示において不適切な色(黄色・淡色・蛍光色等)や、視認性の低い色で表示してはならない。
When displayed in single color, do not use improper colors (yellow, light or fluorescent colors) or colors that are low in visibility.


基本表示色とのコントラストが不適切な色を背景に表示してはならない。
Do not display on a background color that contrasts poorly with the basic display colors.


導入にあたっては、コーポレートシンボルとの関係に配慮した上で適確な表示をし、ブランドイメージを損なわないよう注意してください。
Upon introducing this promotional logotype, be sure that you take utmost care in considering the best display in relation with the corporate symbol so that our brand image is not tarnished in any possible way.


ただし導入にあたっては、必ず事前に広報部にお問合せください。
However, when the above usage is desired, the Public Relations Division must be contacted beforehand.


ブランド規程は、企業ブランドイメージを正しく伝えるための重要なコミュニケーションツールです。企業のブランド価値を高めていくためには、それが持つ意味を正しく理解し、長期にわたって効果的に運用していくことが重要です。
This brand identification manual provides you with an important communication tool to convey messages of brand image accurately and effectively. To enhance corporate brand value, it is essential to understand brand meanings and launch effective long-term implementation plans.


記載されている各要素やアイテムは、印刷原稿ではありません。複写や切り抜きによる使用は禁止します。
All the printed items and elements in this Manual are not camera-ready copy. Copying and/or cutting from this Manual are prohibited.


本書に表示される商標、ロゴ、及びマークは、当社及び他社の登録商標または未登録商標ですので、許可なく使用することを禁止しております。
All trade symbols, logos or markings provided in this Manual are the registered or unregistered properties of this or other companies and use of any of the above without permission is prohibited.


コーポレートシンボル等の運用にあたって不明な点、疑問点等が生じた場合には、必ず主管部までお問い合わせください。
If you have any questions regarding the usage of the corporate symbol and other elements, be sure to contact the division in charge.


記載されている各要素やアイテムは、印刷原稿ではありません。複写や切り抜きによる使用は禁止します。
All the printed items and elements in this Manual are not camera-ready copy. Copying and/or cutting from this Manual are prohibited.


関係者および関係会社以外への配布や持出は原則禁止とします。印刷物等の作成の都合上、印刷会社など外部委託先に本書を貸与する必要がある場合は、守秘義務契約を締結し、受渡簿による管理を行う等、厳重な管理をお願いします。
Distributing or removing this Manual from the office to render to any parties other than the authorized persons or affiliated corporations within the Group is absolutely prohibited. Should print outsourcing or lending of this Manual to contractors be necessary, a confidentiality agreement must be formed and strict control over this Manual be maintained by taking measures such as keeping a logbook to record every removal/return of this Manual.

和訳サンプル

Even if your vendor of choice has a reference architecture, understand how your environment differs from a generic reference architecture and how that may impact your performance or user
density.
たとえ選択したベンダーが参照アーキテクチャを持っていたとしても、環境がジェネリックの参照アーキテクチャとはどう異なっており、それがパフォーマンスやユーザー密度にどう影響を与えるかについて、理解しておくべきである。





There are several common reasons enterprises choose to adopt these technologies. These include simplified management, security and compliancy, and enabling mobile work styles.
企業がそうしたテクノロジーの採用を選択する共通の理由がいくつかある。その理由には、簡略化されたマネジメント、セキュリティ、コンプライアンス、そしてモバイルワーク・スタイルの実現が含まれる。




A structured project approach, combined with the correct use of the best tools available in the industry today, will help organizations that are investigating, testing, migrating and using virtualized desktop environments to design, build and manage well-performing centralized desktop infrastructures at the lowest cost possible.
プロジェクトへの構造化されたアプローチと現在の業界で入手可能な最良のツールとを組み合わせれば、仮想デスクトップ環境を調査、試験して移行させ、さらに利用している組織が、良好に稼動している集中型デスクトップ・インフラを可能な限りの低コストで設計、構築、管理することを手助けすることになる。





Many tools are available to help. They can help make better decisions during the project phases, and to help to keep out of trouble, during the resulting production phases. But which ones to choose, and when to best use them?
そうした手助けのために、数多くのツールが利用可能になっている。それらは計画段階でより良い決定を下すことを支援し、続く生産段階でのトラブルを回避するよう後押しする。だが、どんなツールを選び、そのツールをいつ有効に使えばよいのか。




Some of these decisions may have been made already if you have standardized on particular vendors for components.
いくつかの決定については、コンポーネント向けに特定のベンダーを標準とした場合には既に下されているかもしれない。



In either case, it’s a complex stack of components, and changing any one of them may impact the performance of your solution.
いずれケースでも、コンポーネントは複雑に堆積するものであり、そのひとつでも変更しようとすると、ソリューションの実行力に影響を与える可能性がある。





Customers may have standardized on one for their server workloads.
顧客は自らのサーバーのワークロード用に1つを標準化したかもしれない。


This selection may be impacted by the support, performance, application compatibility, or functionality available in various versions.
この選択は、各種バージョンで利用できるサポート、パフォーマンス、アプリケーションの適合性または機能性によって左右される可能性がある。





For example, changing the version of Microsoft Office from 2010 to 2013 can result in up to a 20% decrease in user density.
例えば、Microsoft Officeのバージョンを2010から2013に変更すると、結果としてユーザー密度が最大20%減少する可能性がある。





Other changes, like excluding files in the base image from antivirus scans, may significantly increase density.
ベースのイメージファイルをアンチウィルス・スキャンから除外するなど他の変更を加えると、密度を著しく高める可能性がある。


It’s important to keep results from previous tests and configurations to use in comparing performance to compare measurements and determine if there’s value in implementing the change.
パフォーマンスや測定値を比較してその変更を実施する価値があるかどうかを判断するために、以前の試験および設定による結果を保持することは重要である。


With the results of tests before and after the change has been implemented, the next step is to decide whether to deploy the configuration change into the production environment.
変更の実施前後の試験結果を得ると、次の段階は設定変更を生産環境にデプロイするかどうかを決定することである。





If the tests indicate that the change will result in improved performance or density, the decision to deploy is an easy one.
変更がパフォーマンスまたは密度の改善をもたらすことが試験で示されている場合、デプロイする決定を下すのは簡単だ。




While these can indicate how much load the host hardware is under, there’s not a direct correlation between hardware load and end user experience.
こうした基準はホスト・ハードウェアにどれだけの負荷がかかっているかを示しており、一方でハードウェアの負荷とエンドユーザーのエクスペリエンスとの間には直接の相関関係はない。





For example, monitoring might report that CPU is at 100%, but users currently on the system may not be seeing an impact in their usage.
例えば、モニタリングはCPUを100%と報告する可能性があるが、システムを使っているユーザーは使用負荷の影響を把握できない場合がある。