機械・電気関連の翻訳例

和訳サンプル

Even if your vendor of choice has a reference architecture, understand how your environment differs from a generic reference architecture and how that may impact your performance or user
density.
たとえ選択したベンダーが参照アーキテクチャを持っていたとしても、環境がジェネリックの参照アーキテクチャとはどう異なっており、それがパフォーマンスやユーザー密度にどう影響を与えるかについて、理解しておくべきである。


There are several common reasons enterprises choose to adopt these technologies. These include simplified management, security and compliancy, and enabling mobile work styles.
企業がそうしたテクノロジーの採用を選択する共通の理由がいくつかある。その理由には、簡略化されたマネジメント、セキュリティ、コンプライアンス、そしてモバイルワーク・スタイルの実現が含まれる。


A structured project approach, combined with the correct use of the best tools available in the industry today, will help organizations that are investigating, testing, migrating and using virtualized desktop environments to design, build and manage well-performing centralized desktop infrastructures at the lowest cost possible.
プロジェクトへの構造化されたアプローチと現在の業界で入手可能な最良のツールとを組み合わせれば、仮想デスクトップ環境を調査、試験して移行させ、さらに利用している組織が、良好に稼動している集中型デスクトップ・インフラを可能な限りの低コストで設計、構築、管理することを手助けすることになる。


Many tools are available to help. They can help make better decisions during the project phases, and to help to keep out of trouble, during the resulting production phases. But which ones to choose, and when to best use them?
そうした手助けのために、数多くのツールが利用可能になっている。それらは計画段階でより良い決定を下すことを支援し、続く生産段階でのトラブルを回避するよう後押しする。だが、どんなツールを選び、そのツールをいつ有効に使えばよいのか。


Some of these decisions may have been made already if you have standardized on particular vendors for components.
いくつかの決定については、コンポーネント向けに特定のベンダーを標準とした場合には既に下されているかもしれない。


In either case, it’s a complex stack of components, and changing any one of them may impact the performance of your solution.
いずれケースでも、コンポーネントは複雑に堆積するものであり、そのひとつでも変更しようとすると、ソリューションの実行力に影響を与える可能性がある。


Customers may have standardized on one for their server workloads.
顧客は自らのサーバーのワークロード用に1つを標準化したかもしれない。


This selection may be impacted by the support, performance, application compatibility, or functionality available in various versions.
この選択は、各種バージョンで利用できるサポート、パフォーマンス、アプリケーションの適合性または機能性によって左右される可能性がある。


For example, changing the version of Microsoft Office from 2010 to 2013 can result in up to a 20% decrease in user density.
例えば、Microsoft Officeのバージョンを2010から2013に変更すると、結果としてユーザー密度が最大20%減少する可能性がある。


Other changes, like excluding files in the base image from antivirus scans, may significantly increase density.
ベースのイメージファイルをアンチウィルス・スキャンから除外するなど他の変更を加えると、密度を著しく高める可能性がある。


It’s important to keep results from previous tests and configurations to use in comparing performance to compare measurements and determine if there’s value in implementing the change.
パフォーマンスや測定値を比較してその変更を実施する価値があるかどうかを判断するために、以前の試験および設定による結果を保持することは重要である。


With the results of tests before and after the change has been implemented, the next step is to decide whether to deploy the configuration change into the production environment.
変更の実施前後の試験結果を得ると、次の段階は設定変更を生産環境にデプロイするかどうかを決定することである。


If the tests indicate that the change will result in improved performance or density, the decision to deploy is an easy one.
変更がパフォーマンスまたは密度の改善をもたらすことが試験で示されている場合、デプロイする決定を下すのは簡単だ。


While these can indicate how much load the host hardware is under, there’s not a direct correlation between hardware load and end user experience.
こうした基準はホスト・ハードウェアにどれだけの負荷がかかっているかを示しており、一方でハードウェアの負荷とエンドユーザーのエクスペリエンスとの間には直接の相関関係はない。


For example, monitoring might report that CPU is at 100%, but users currently on the system may not be seeing an impact in their usage.
例えば、モニタリングはCPUを100%と報告する可能性があるが、システムを使っているユーザーは使用負荷の影響を把握できない場合がある。

日本語→英語

電圧計の入力抵抗とは何か
What is the input resistance of a voltmeter?


電圧計を用いて電圧測定を行う際の接続図を図1に示す。被測定電圧源Vdutを電圧計で測定したい場合、図のように接続するのが普通である。ここで、理想的な電圧計は入力抵抗(内部抵抗)が無限大であるため、被測定電圧源から電流計に向かって流れる電流Iはゼロとなる。このとき、電圧計の指示値(測定値)はVdutと一致する。
Figure 1 shows a simplified block diagram when measuring a source voltage (Vdut) using a voltmeter. This is a typical connection when measuring the voltage of the Vdut where the voltmeter is considered as an ideal voltmeter, hence the input resistance of the voltmeter is infinite and the current flowing from the Vdut to the voltmeter is zero amperes. In this ideal case, the voltage reading measured by the voltmeter is the same as the Vdut.


ところが、現実の電圧計の入力抵抗は有限な値であるため、実際には図2のように入力抵抗Rinputが理想電圧計と並列に存在することになり、結果として被測定電圧源から流れる電流はゼロではなくなる。
But, in reality, actual input resistance of any voltmeter is not infinite as the ideal voltmeter, and there exists an input resistance (Rinput) in parallel to the ideal voltmeter as shown in Figure 2. As results, the current flowing from the voltage source is not a zero amperes.


一般的なディジタル・マルチ・メータの入力抵抗は10MΩであり、高級機では10GΩ以上の入力抵抗を保証するものも存在する。このとき、VdutとRinputとで決まる電流がこの回路に流れることになるが、図2の状況ではこの電流は電圧測定の結果に影響を及ぼすものではない。しかしながら、条件によってはこうした有限な入力抵抗が電圧測定結果に誤差をもたらすことがあるため注意が必要である。次章でその事例を紹介する。
An input resistance of a typical digital multi-meter is 10 MΩ, but there also existes a high-performance digital multi-meter which input resistance is more than 10 MΩ. Although an input current, determined by the Vdut/Rinput, is flowing into the voltmeter in these actual measurement conditions, the input current does not affect to the voltage measurement results in the case shown in Figure 2. However, it should be noted that there is a possibility that finite input resistance cause errors in the voltage measurement results in some cases. The next chapter will look at the cases.


電圧測定における測定誤差と対策
Voltage measurement error and its countermeasure


電圧計の入力抵抗が生む測定誤差
Voltage measurement error which is caused by the finite input resistance of a voltmeter


電圧計に電流が流れることによって測定誤差が生じるのは、測定回路に存在する直列抵抗を考慮した場合である。図3のように、被測定電圧源と電圧計との接続パスに直列抵抗が存在する場合を考える。この直列抵抗は配線の持つ抵抗であったり、配線の途中に存在するコネクタの接触抵抗であったり様々である。
In a case where a series resistance between the voltage source and the voltmeter cannot be ignored, the voltage drop generated by this resistance and the input current flowing into the voltmeter is the source of the measurement error. Figure 3 shows an example where series resistors exist in the connection cables between the voltage source and the voltmeter, where the series resistors include a resistance of the connection cables, a contact resistance of the connector between the cable connections, and etc.


接続パスの直列抵抗Rpathに対して電流Iが流れることによりVerrが発生し、これが被測定電圧源と電圧計の指示値との誤差となる。ただし、通常はこうした接続パスの直列抵抗は数mΩから数Ωの範囲内であることが多い。そのため、電圧計の内部抵抗に対して十分小さく、誤差Verrは限定的となる。ここまでは被測定電圧源の出力抵抗を考慮していなかったが、場合によっては図4のように被測定電圧源が出力抵抗を持つことも考えられる。
The current I flowing to the series resistance (Rpath) generates a voltage drop (Verr), and this appears as the difference between the voltage source under test and the measurement error of the voltmeter reading. However, the series resistance value such like as existing between the connection paths is typically from a few mΩ to a few Ω, and this resistance can be considered as negligibly small compared to the input resistance of typically used voltmeters. In this case, since the voltage error is expressed as the ratio of the Rpath and the Rinput (the ratio is about in the range of 10-8 to 10-6), the voltage error caused by the Verror in the connection path can be negligble  in most of the applications. So far, the output resistance of the voltage source is assumed as 0 Ω, but there would be a case that the volage source in under test has an output resistance (Rout) as shown in Figure 4.


電気回路において大きなRoutが存在することは少ないが、例えば電気化学測定においてガラス電極を用いて電圧測定を行うケースではRoutの値は数100MΩにも達する。
In the electrical circuit, there are not so many cases where the Rout is large enough to show obvious error in the voltmeter readings, but in such a case where a current source or equivalent is used as the voltage source, the Rout easily exceeds, for example, the value of Rout in the case of performing the voltage measurement using a glass electrode in an electrochemical measurement can reach several 100MΩ.


Routの値がRinputの値に比べて十分小さければVmeasはVdutとほぼ同じ値となるが、Routの値が無視できない程度に大きい場合には測定誤差の原因となる。例えばRinputが10MΩの電圧計を用いて誤差1%以内で電圧測定を行いたいとすれば、Routに許される値は100kΩまでとなる。
If the Rout is negligibly small compared to the Rinput, the Vmeas shows almost the same value as the Vdut. However, if the Rout is large enough which cannot be ignored compared to the Rinput, it is a cause of the voltage measurement error. For example, performing a measurement within a 1% error using a voltmeter with a 10 MΩ Rinput resistance, the maximum Rout in the voltage source is limitted to 100 kΩ maximum.


このように高い出力抵抗を持つ被測定電圧源に対して電圧測定を行う際には、電圧計の入力抵抗が誤差要因となるため、可能な限り入力抵抗の高い電圧計を選択する必要がある。前述の通り、一般にディジタル・マルチ・メータの入力抵抗は10MΩから10GΩといった範囲であるが、エレクトロメータの入力抵抗は100TΩを超える。
As this example shows, for measuring a high output R voltage source, it is important to use a voltmeter with the highest input resistance as possible, since the input resistance of the voltmeter is the cause of the measurement error. As described above, generally the input resistance of the digital multi-meter is in the range such as 10MΩ - 10GΩ, the input resistance of the electrometer exceeds 100TΩ.

日本語→英語

 

 

インドは世界第6位の自動車生産国である。さらに、アジアでは二輪車の生産台数が第2位、商用車が第5位、乗用車が4位、トラクターが1位となっている。

India is word's sixth largest vehicle manufacturer globally. Further, India is the Asia's second  largest two wheeler manufacturer and  fifth largest produce of commercial vehicle, fourth largest manufacturer of passenger car and  and the largest manufacture of tractor.

 

 

ここ23年の高金利、燃料高騰や全体的な経済停滞により、乗用車、商用車、二輪車、三輪車の売上高は打撃を受けた。

Sales across passenger cars, commercial vehicles, two‐wheelers, and three-wheelers have been affected in the past2–3 years due to high interest rates, rising fuel prices, and the overall economics lowdown.

 

 

最新技術を持つ新しいメーカーが相次いでこの部門に参入し、少数の企業による寡占状態を変えた。

The sector has witnessed the entry of several new manufacturers with state of the art technology, thus replacing the monopoly of a few manufacturers.

 

 

輸出販売という点では二輪車が大部分のシェアを占めており、その主な輸出先はアジアとアフリカの市場である。

Two wheelers account for a majority of the share in terms of export sales, with key export destinations being the markets in Asia and Africa.

 

 

輸入税の引き上げと不透明な世界経済環境により、二輪車の輸出は12年度、過去10年間で初の微減となった。

Two-wheeler exports declined slightly in FY12 for the first time in the last decade on account of hike in import duty and uncertainties in the global economic environment.

 

 

政府は雇用創出、生産性の向上、技能と技術の移入、輸出増加、さらに国の長期的な経済発展をもたらす可能性があるFDIを推進している。

The government favors FDI as it has the potential to generate employment, raise productivity, transfer skills and technology, enhance exports, and long-term economic development of the country.

 

 

世界からインドへのOEM生産の委託の増大と世界のOEM生産の現地化により、インドは設計と製造の有利な拠点になりつつある。

The growth of global OEM sourcing from India and the increased indigenization of global OEMs is turning the country into a preferable designing and manufacturing base.