翻訳について

Translate.comが75言語対応のスマホ用翻訳アプリを発売

κοτόπουλο は何を意味するのか? xe buýtはいったい何なのか?





翻訳会社Translate.comの最新の携帯アプリを使えば簡単に知ることができます。

同社は本日、 iOS および Android アプリを発売しました。これを用いれば、文書や音声、画像などを75の異なる言語間で翻訳できます。





「我々の目標は、みんなのプライベート翻訳者になり、今までは不可能であった会話を促進させることです。我々は翻訳のWazeのようなものであり、ユーザーはそれが大きな変化をもたらした場合にはコミュニティにワンタッチで入れますが、それでも自分自身でAからBへの変換を行うことができます」と、CEOの Anthos Chrysanthouは話します。





Translate.com は翻訳に対してクラウドソースのアプローチ法をとっています。その技術は言葉を翻訳しますが、訳文の正確性を確保するために、200万の登録メンバーから成るコミュニティを利用します。ユーザーはコミュニティから質の良い翻訳を引き出せる一方、ヘルプ機能でポイントやバッジを得ることができます。





Chrysanthouは「機械とソーシャル翻訳をブレンドし、ユーザーが両方の世界のベネフィットを得られるようにしたい」と述べています。





「最も正確な翻訳を提供することで世界へのチャンネルを創出していきます。競合他社が扱うような機械に頼らず、対象言語を毎日話している人々という最適なソースから訳文を獲得します」と彼は話します。





翻訳アプリはとくに新しいものではありません。Google Translateはその開始から数年が経っており、 App Store はiTranslate やiHandyなどのオプションでいっぱいです。





しかし、この技術はその精密性を年々高めています。音声および視覚認識における進展は、携帯電話に話しかけたり不明な用語の画像を送ったりすることで言葉や文章を翻訳するという方法をさらに強化しました。





Waygoのモバイルアプリではスマートフォンのカメラを文書に向けるだけで翻訳が可能になります(ちなみにデータ接続は必要ありません)。





翻訳技術はモバイルに非常に適していますが、その理由は、人々が出先で直面する状況に対応するものだからです。たとえば外国のレストランバス停留所にいる場合、普通はコンピュータにアクセスすることができません。翻訳アプリを用いればスペイン語のメニューすぐに理解したり、中国人のバス運転手に行先を告げたりすることができます。





オンラインの言語学習( language learning )業界の進出も忘れてはいけません。アップル社は2013年の最適アプリとして Duolingoを認定しました。 Duolingoでは、画像やスマートフォン用マオクロホン(microphone)、ビデオクリップ(video clips )などを用いて言語を学習することができます。





Duolingoは無料のウエブ翻訳サービスも提供しています。





Lingua.ly、 VerblingとBabbelも、言語学習への革新的なアプローチ法を開発し、さらに日本の通信会社NTT Docomoは、外国語の文書を読み取り自動翻訳を行うGoogle Glassに取り組んでいます。





言葉を翻訳することは、数千年にわたって必要とされてきました。今でも、私たちはこのニーズに対応するための革新的な方法を模索しています。





Translate.com は2013年11月にEmerge Mediaにより買収されました。

SDL社がCapax社と連携し、自動翻訳機能搭載の『Sonic Extractor』を発売

Sonic Extractorは地方マーケティングをサポートするものです。Customer Experience Management(顧客経験マネジメント)のリーダーであるCostSDL(LSE: SDL)と、携帯電話システム統合(mobile systems integration)のリーダーであるCapax Globalは本日、音声から文書への自動翻訳を行うSDL駆動のデジタル信号処理( digital signal processing :DSP)機器『Sonic Extractor』を発売しました。Sonic Extractorではマーケット主導の翻訳を今までよりも広範囲に行うことができます。


多国籍企業はマルチメディア・コンテンツの量を急激に増加させているため、このコンテンツを今までよりも多くの言語に翻訳する必要性が非常に高まっています。SDLが顧客から依頼を受ける翻訳言語の数は、過去5年間で115%増加しました。この傾向は、マルチメディアおよび音声コンテンツ( audio content )を顧客が好む言語に翻訳する技術の需要が高まっていることを示しています。



Capax Global社のSonic Extractorは、録音内容やライブ映像をリアルタイムで複数の言語に文字変換します。 SDL独自の機械翻訳技術を導入したことにより、複合媒体コンテンツを90%の精度で即時翻訳できるようになりました。



「このパートナーシップには非常に満足しています。SDLの翻訳技術を組み込むことで、最新のSonic Extractorは市場を劇的に広げ、多くの消費者を対象に正確な翻訳を素早く提供できるようになりました」と、Capax GlobalのCEOであるJohn Baioccoは述べ、さらに次のように続けています。「我々は高品質かつ高速の翻訳ソリューション(high-quality and fast translation solution )を追求しています」



「今ではすべての市場において、顧客は自分たちの母語でビジネスを行うことを望んでいます。地域に密着したサービスを提供することの重要性が高まっています。我々はCapax社との連携により、複合媒体コンテンツの翻訳とローカリゼーションを低コストかつ短時間で行えるようになりました。Capax社にはとても感謝しています。Sonic Extractorは、顧客に最高品質のサービスを提供しようというSDLの思いが形になったものであり、我々の翻訳技術力を証明するものなのです」とSDLのCEOである Mark Lancasterは述べています。

2014~2020年の世界的な言語翻訳ソフトウェアのマーケットシェアと戦略、展望

最終的に収集された情報のローカライズをサポートするため、言語翻訳ソフトウェアシステムが導入されていることから、世界市場は継続的な成長を遂げる態勢にあります。

 

エンタープライズサーバーは画期的な出来事の後に念願の目標を達成しました。言語翻訳ソフトウェア技術が成熟したことにより、以前は不可能であった包括的なソリューションが利用可能になりました。

 

包括的なソリューションでは法則ベースの統計学的機械翻訳の最適な特性を活用します。これらの統合システムは、企業規模の翻訳ニーズを完全に満たすことができます。

 

システムは、ハイブリッドの機械翻訳エンジンを備えています。

 

IT 企業レベルの機械翻訳では、ハイブリッドソリューションを達成するために法則システムと統計システムを一体化させています。

 

ソフトウェア実装とエンジンの訓練に必要なリソースの複雑性により、これらはブラックボックス・ソリューションと呼ばれています。

 

ソフトウェアの反復的なリリースが生じており、これはエグゼクティブが成し遂げたい目標を示しています。 

 

ソフトウェアの繰り返しリリースは、大規模な供給業者による包装の特徴・機能の強化を可能にし、これにより大企業が中小企業と競合できるようになります。ソフトウェアの繰り返しリリースという課題に対処できるかどうかは、機敏なソフトウェア開発の環境を得られるかどうかにかかっています。

 

言語翻訳は、製品や会社に関するコメントや社会メディア情報を採掘するための大量データを対象に使用されます。このデータはマーケティング関連の判断に利用可能です。

 

言語翻訳は、何かを発見するために用いられる必要があります。

 

 

参照元

WhaTech Channel: Consumer Market Research Reports

Published on Wednesday, 19 August 2015 00:31

Submitted by Pawan Kumar WhaTech Agency

News from: Research Beam

 

目次:

1. 言語翻訳ソフトウェア市場の説明と市場力学

1.1 言語翻訳ソフトウェアROI

1.1.1 言語翻訳ソフトウェアの生産性を理解する

1.1.2 編集者が言語翻訳ソフトウェアを使用する

1.1.3 一般的な機械翻訳システム

 

2. 言語翻訳ソフトウェアのマーケットシェアと展望

2.1 言語翻訳ソフトウェアのマーケット

2.1.1 言語翻訳ソフトウェアの推進力

2.1.2 言語翻訳ソフトウェアのクラウドプラットフォーム

2.1.3 翻訳対象の文書料が増えるだけ

2.1.4 翻訳者不足に対する準備

3. 言語翻訳ソフトウェア製品の説明

3.1 IBM® WebSphere® 翻訳サーバー

3.1.1 マルチプラットフォーム対象のIBM WebSphere 翻訳サーバー

3.1.2 IBMグローバル化ソフトウェアソリューション

3.1.3 IBM言語翻訳プラットフォーム製品

3.1.4 IBMグローバル化ソフトウェアサーバー

4. 言語翻訳ソフトウェア技術

4.1 Latent Semantic Matching: 言語間テキスト・カテゴリー化への応用

4.2 データ構築

クライアントはどのように翻訳を依頼するのか?

 

先週、私はドイツで欧州最大のITフェアの一つに行ってきました。このイベントはポーランドによって主催され、200社以上のポーランド会社が参加しました。クライアントを獲得するための方法を考える前に、それらの企業がどのように翻訳を依頼し、ローカライゼーションを行っているのかを見てみましょう。以下に記述する内容は、私が中小企業との会話で得た観測です。彼らがどのように訳文を手に入れ、それが何を意味するのかについてです。

 

 

1.親会社によって行われる翻訳とローカライゼーション

 

 

私が話した数多くの企業はアメリカの大企業の子会社です。その子会社の多くから得られた情報として、翻訳とローカライゼーションは米国で行われ、子会社がそのファイルへとアクセスします。このようなケースでは、米国系の親会社が様々な多言語プロジェクトを取り扱う会社と取引を行うのが通常です。参加者との話によれば、訳文は満足のいくものではないことが多いため、言語に精通していない自社のスタッフが修正を行うそうです。

 

 

2.外注される翻訳とローカライゼーション

 

 

参加者が言うには、彼らは親企業から英語のテキストを受け取り、現地の言語へと文書を翻訳できる人を探すとのこと。これらの会社は事前調査を十分に行わずに翻訳会社を利用することが多いため、ほとんどは不満足な結果に終わります。

 

 

3.翻訳とローカライゼーションを担当するマーケティング部門

 

 

特定の企業にとっては、翻訳とローカライゼーションは市場の一部となります。クライアントになりそうな企業で翻訳とローカライゼーションを担当する人を探すことが重要だと私は思います。なぜなら、マーケティング担当の人にアプローチすることと、CEOを納得させることは違うからです。マーケティング部門と取引する上でのもう一つのメリットは、より多くのサービスを提供できるところにあります。

 

 

4.バイリンガルの在宅スタッフが翻訳を行う

 

 

私を最も驚かせたことは、バイリンガルの在宅スタッフを利用する翻訳会社によって提供された訳文の質に対して、多くの企業が不満を感じているという事実です。依頼した側は「何か別の手段を講じなければならない」と感じてはいるものの、他に選択肢がないと考えています。

 

 

5.在宅のプロ翻訳者が翻訳を行う

 

 

幾つかの企業は在宅の翻訳者を雇うことにし、その質の良さに満足していました。在宅翻訳者に依頼している参加者は、その質の高さに喜んでおり、それに見合う報酬を支払っていると強調しています。

 

この状況は何を意味するのか?

 

対象のクライアントによって異なる様々なアピール方法やマーケティング方法を見てきましたが、そのオペレーションのモードについてより深く観察することが重要です。それを行うための一つの方法は、見本市に参加することです。



翻訳会社に外注する際のコツ




現在、翻訳業界では格安を謳って新規顧客を獲得しようとする翻訳会社と、適正価格で高品質を約束する翻訳会社が存在し、この
二極化が激しく進行しています。




前者に依頼した場合、プロレベルの翻訳者に依頼されることはないため、意味不明な訳文を手に入れる確率が非常に高いです。別の担当者が校正を行ったとしても、訳文の質はその90%以上が訳者の能力によって決まります。ちょっと英語のできる主婦や学生などに依頼したところで、ゴミを買い取るようなものです。また、低価格の場合でも、翻訳者はクライアントが支払う料金の50%未満で引き受けることになります。時給にすると400円程度のところもあるのではないでしょうか。





では、後者である適正価格の翻訳会社に依頼すれば確実なのでしょうか。実はそうではありません。なぜなら、高品質と思わせるために料金をあえて高めに設定しているところがあるからです。とは言っても、翻訳者にはそれなりの報酬が支払われるので、長く経営しているところであれば、低レベルな翻訳者は次第に淘汰されていくことから、提供する訳文は比較的品質の良いものになります。





高品質な訳文を確実に手に入れるためには、まず初めに、原稿内容の分野に特化した翻訳会社を探します。たとえば製品マニュアルであればインターネットで「翻訳 マニュアル」「翻訳 機械」、医学論文であれば「医学 翻訳」「医療 英語 会社」などで検索すれば、多くの翻訳会社がヒットします。そして、HPを見てその分野に特化しているかどうかをチェックしましょう。いろいろな分野に手を出している会社はコーディネーターに専門知識がなく、訳文の質を評価できないことが多いので、避けたほうが無難です(とくに人材派遣会社はコーディネーターが全くの素人ということが多いです。)





その後、特定の領域に特化した翻訳会社をいくつか選び、無料トライアルをお願いしましょう。送られてきたトライアル用の訳文を比較します。英語がわからなければ比較できないと思うかもしれませんが、和訳の場合であれば、訳文の内容を違和感なく理解できれば品質が高いと思ってほぼ間違いありません。たとえ面倒な文章を省いたり、ニュアンスなどを無視して訳したりしても、話が進むにつれてすぐに行き詰まり、不自然なものになるからです。英訳の場合には事前に「専門知識を持つネイティブチェッカーに判断してもらう」などと言ってプレッシャーをかけてください。




そして依頼する段階に入りますが、ここでも注意が必要です。無料トライアルの場合だけ高単価の翻訳者が担当し、実際に依頼された後は低単価の低レベル翻訳者が訳す場合があるからです。これを防ぐために「無料トライアルを担当した翻訳者に訳してもらいたい」と伝えてください。

 

 

日本の日英翻訳業界

 

日本の日英翻訳業界は変な状況下にあります。日本の日英翻訳者の90%以上が日本語のネイティブスピーカーです。欧州や北米などの業界では自国語へ翻訳するのがあたりまえとなっているため、これは奇妙な現象です。

 

自国語から外国語へと翻訳することは、その自国語がマイナーである場合によく見られます。なぜならその言語を学んでいる者が少ないと考えられるからです。

 

しかし日本は世界で第三位の経済大国であり、世界中で取引を行っています。その経済の大部分は輸出により成り立っています。この点を考慮すると日本語はマイナー言語ではないはずです。しかし、日本語を学習している外国人はとても少なく、読める者はほとんどいません。読むことは翻訳者にとって必須のスキルです。

 

様々な理由で、外国語よりも英語を学ぶ日本人が多くいます。もちろん、外国語を読めるようになることは、翻訳者になるための第一条件です。

 

外国人が日本語をマスターするのは難しいだろうという考える日本人がいるのも確かです。このような考える者は少なくなっていますが、自分が翻訳者であることを誰かに話した場合、本当に日本語を読めるのかどうか疑われることがあります。このような傾向もあまり見られなくなってきてはいますが、日本人のクライアントの多くは英訳を日本人に頼みたいと思っており、単純に単価が安いからという理由ではありません。

 

日本の巨大な翻訳需要に対処できるほどの十分な英訳者が存在しないため、必然的に日本人が英訳を行うことになります。英日翻訳者の数が多いため、和訳の単価は英訳のものよりも低くなりがちです(もちろんこれだけが原因ではありませんが)。日本語の入力は英語の入力よりも遅くなるため、日本人翻訳者にとっても日英のほうが利益になるという単純な理由もあります。

 

日本における典型的な日英翻訳プロセスでは、日本人の翻訳者が訳出し、その後に不運な外国人がネイティブチェックを行います。ハイレベルな英訳を行う日本人がいるのも事実ですが、この業界で10年の経験をもつネイティブの翻訳パートナーが言うには、まともに英訳できる日本人はほとんどいないとのこと。

 

このプロセスの本当の問題は、ネイティブチェックを行っても訳文を良い英語へと変換できないことにあります。大抵の場合、すべてを再翻訳する必要があります。日本の大企業の英語ウェブサイトをチェックすれば、そのことをすぐに理解できるはずです。 

 

翻訳市場はこの品質のギャップを実際に反映しており、英語ネイティブは日本人翻訳者よりも日英翻訳の単価を高く設定しています。

 

特定の日本人は日英翻訳に秀でており、高い単価を要求しますが、そのような者は日本人翻訳者全体のほんの一部です。

 

そのため、今後英訳者を目指す人は、英語を読みまくり、英語圏で最低5年間は生活するべきだと思います。それでも書いた英語はネイティブレベルに全く及ぼないと思いますが、他の競合者よりも優れていることは確かでしょう(もちろん、英語圏ではもっと良い単価の日英案件があるかもしれません。この市場はまだ完全にグローバル化していないのです)

Smartling社のクラウド翻訳サービス

世界的企業を経営することはウエブのおかげでそれほど難しくなくなりましたが、言語関連のビジネスは例外です。




強力なクラウド翻訳技術の開発で有名なSmartling社は本日、 大口の顧客獲得に力を入れるためにTenaya Capitalから2400万ドルの追加資金提供を受けたと発表しました。




2年前のSmatlingは、すべての企業を対象に翻訳サービスを提供していました。しかし、大企業を相手にしたほうが自社の技術を生かせると判断したようで、今ではソフトウエア会社のニーズに応えるためにクラウドツールの開発に力を入れています。




Smartlingは企業による翻訳プランの統合をサポートします。これにより、ウエブサイトやアプリ、他のメディアなどの翻訳が容易になります。Smartlingの翻訳では、訳者、翻訳編集者、校正担当者が参加します。プレスリリースなどを完全に翻訳するには2日ほどかかりますが、追加料金を払えば24時間で訳文を手に入れることができます。新聞社などの顧客は1時間で訳してもらうために相当な額を支払います。



音声翻訳ソフトウエア

Translate Your World はビジネス会議やプレゼンテーション、会話内容を78言語に変換するソフトウエアの提供に貢献しています。このソフトウエアは世界的大企業の事業コストを削減したり新規事業へのチャンスを広げたりすると期待されています。



 IntelaTextのCEOを務めるAndrea Busseと、@International ServicesのCEOであるSue Reagerは、Translate Your Worldの名のもとで78言語の初のスピーチ翻訳プラットフォームを共同発表しました。このソフトウエアを使用すれば、話者の声は自動的にすぐ翻訳されます。78言語で字幕を示したり、38言語で機械化音声を発したりすることができる優れものです。



 Translate Your World パッケージにはオンラインビデオ字幕ソフトウエア、国際通信販売アプリケーション、クラウドソースの翻訳管理ツールなどが含まれています。



 Andrea Busse と Sue Reagerのコラボレーションは、数千のビジネスの販売戦略を変化させるかもしれません。この言語間音声翻訳ソフトウエアの出現により、単一の言語を習得するために5年を費やすか、安価なソフトウエアを買って複数言語を話すかの二者一択が世界共通となります。



 世界的企業がこのソフトウエアを使用すれば、顧客サービスやトレーニングのコストを95%削減でき、さらに投資や新規事業のリスクを抑えることもできます。



 多くのアメリカ人は外国語を話すことの重要性をまったく理解していないので、ヨーロッパや東洋、アフリカ、中東の人々がこのツールを使用して言語障壁を取り除くようになるかもしれません。

Word & Brown General Agency が翻訳サービスを開始

Word & Brown General Agency は、カリフォルニアの仲介業者向けの翻訳サービスを開始したことを発表しました。これにより、ブローカーは小規模のクライアントに対して中国語や韓国語、スペイン語、ベトナム語などで見積もりや情報提供をできるようになります。雇用者のプレゼンや従業員の登録ワークシートの両方で翻訳サービスを利用できます。





 カリフォルニアはさまざまな文化が混在する州なので、雇用者や従業員に対する保険補償範囲を明確に理解できるものにすることが重要です。クライアントにとって理解しやすい形で情報を提供することにより、関係者全員が利益を得ることができます。 Affordable Care Actの施行により、雇用主や個人が自分たちに合った健康保険に移る傾向がさらに強まります。そのため、仲介業者にとっては事業拡大と新規顧客獲得という大きなチャンスになるかもしれません。しかしそれをがっちり掴むには、適切なツールと情報を使いこなさなければなりません。





 新しい翻訳事業は、英語を主要言語としないコミュニティーや職場をターゲットにしたい仲介業者をサポートします。仲介業者の顧客維持と拡大を補助するサービスは、Word & Brownのさまざまな事業の中で最も新しいものです。同社は産業で望まれている製品やサービスを提供し続けることを目標としています。同社の製品ライン、革新的な販売ツール、最先端の見積もりシステムは翻訳サービスの追加によりさらにパワーアップします。同社のサポートがあれば、仲介業者は他の競争相手を一掃できるかもしれません。





 Word & Brown General Agencyは約30年間、保険会社や技術リーダとして認知されてきただけに、翻訳市場への参入は驚くべきことであり、翻訳業界に激震をもたらしています。

日本語の特許文献が機械翻訳サービスの対象に

 欧州特許庁( European Patent Office )の特許検索エンジン『Espacenet』のユーザーなら『EPO Translate』をもう知っているかもしれませんね。これは英語とフランス語、およびドイツ語間における文書の機械翻訳を手供するものです。EPOはサービス範囲を広げるために翻訳対象言語として日本語を追加し、英語と日本語間における翻訳サービスの開始を発表しました。




 総数が300万に及ぶ日本語の特許文献( patent document)の約半分が、すでに Espacenetデータベースにロードされており、英文で読めるようになっています。残りの文献も近いうちに追加される予定です。



 Espacenet を用いた場合、今までは要約のみが英語で利用可能だったので、今回の進展は非常に重要です。
機械翻訳サービスの範囲を日本語にまで拡大したことにより、日本語の特許文献の検索や調査がとっても楽になります。もちろん、人間の手による翻訳も依然として必要ですが、関連文献の特定したり、コストを抑えたりするではこのサービスが非常に有用です。




 EPO Translateサービスは現在、英語と他の15言語(中国語、デンマーク語、オランダ語フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ハンガリー語、イタリア語、ノルウェー語、ポーランド語、日本語、ポルトガル語、スペイン語、スウェーデン語)間の機械翻訳を提供しています。

より以前の記事一覧