« 生命工学 英訳サンプル | トップページ | Xifaxan (rifaximin)にFDA承認 »

Maci(ブタコラーゲン膜の自家培養軟骨細胞移植術)にFDA承認


FDAは成人患者を対象とした症候性膝関節軟骨全層欠損symptomatic, full-thickness cartilage defects of the kneeの治療を目的としたMaci (ブタコラーゲン膜porcine collagen membraneの自家培養軟骨細胞移植術)を承認しました。Maciは患者自身の膝の正常な軟骨組織を用いて、足場で細胞を増殖させる組織工学tissue engineeringを応用した初のFDA承認済み移植術です。

膝の障害は誰にでも起こり得るものです。膝軟骨欠損は通常の可動域を超えて膝を曲げることや、過度の運動や筋力低下により生じます。


軟骨欠損では症例ごとに治療が異なるため、Maciの導入は外科医に新たな選択肢を与えます。


患者自身の細胞により構成されており、損傷組織を取り除いた部位に移植されたブタ由来コラーゲン膜上で増殖します。担当の外科医はMaci使用の特別な訓練を受ける必要があります。


Maciを受けた患者で確認された主な副作用は風邪症状や頭痛、関節痛、背痛でした。

« 生命工学 英訳サンプル | トップページ | Xifaxan (rifaximin)にFDA承認 »

バイオテクノロジー」カテゴリの記事