« Translate.comが75言語対応のスマホ用翻訳アプリを発売 | トップページ | 和訳サンプル »

英訳サンプル

Disagreements about the presence or absence of each CT findings were resolved by the decision of the third radiologist.
各CT所見の有無に関する意見の相違は、第三の放射線科医の判断に基づいて解消された。


CT images for lung disease were scored by the nearest of 10% of the cross-sectional area in each zone.
肺疾患のCT画像のスコアリングでは、各領域における断面積の10%を最小単位とした。各領域は上部、中部、下部で構成され、気管分岐部と下肺静脈の合流部が境界とされた。


The pleural disease, comprising both pleural plaque and diffuse pleural thickening, was scored in each zone by the maximum extent compared to the circumference of hemithorax at the level of tracheal carina as: 1=less than one-quarter, 2=more than one-quarter and less than one-half, 3=more than one-half and less than three-quarters, 4=more than three quarters.
胸膜プラークとびまん性胸膜肥厚の両方を呈する胸膜疾患に関しては、気管分岐部の位置における半胸郭の周径と比べた最大範囲をもとに各領域でスコアリングを行い、1= 4分の1未満、2= 4分の1以上および2分の1未満、3= 2分の1以上および4分の3未満、4= 4分の3以上とした。びまん性胸膜肥厚と円形無気肺の有無についても評価を行った。


The presence of subpleural dot-like capacity, subpleural curvilinear lines only a few millimeters from the pleural surface, subpleural consolidation without traction bronchiectasis (atelectatic induration), and mosaic perfusion were CT findings favoring asbestosis, while extensive honeycomb cysts, severe traction bronchiectasis with architectural distortion, absence of pleural disease were regarded as favoring an alternative diagnosis.
胸膜下粒状影と、胸膜面からわずか数ミリのところに位置する胸膜下線状影、牽引性気管支拡張を伴わない胸膜下の浸潤影(無気肺硬化)、およびモザイク潅流が、石綿肺の可能性を示すCT所見であった一方、広範囲に及ぶ蜂の巣状の嚢胞、または構造偏位をもたらす重度の牽引性気管支拡張が生じている場合や、胸膜疾患が認められない場合には他の診断法が有効であると見なされた。


In early asbestosis, the fibrosing process is limited to the walls of alveoli immediately around the bronchioles.
初期の石綿肺では線維化過程が細気管支周囲の肺胞壁に限られる。


Two radiologists independently reviewed the images without knowledge of pathological diagnosis and occupational history, but with knowledge of age and sex of the patient.
2名の放射線科医が、病理診断結果と職歴を知らされず、患者の年齢と性別の情報を与えられた状況においてそれぞれ単独で画像を審査した。



It should be noted that fibrosis in asbestosis is accompanied by very little inflammation, and fibroblastic foci are infrequent.
石綿肺に見られる線維症は極僅かの炎症を伴い、線維芽細胞巣はほとんど生じないことに留意する必要がある。


In the advanced stage, however, a variety of morphologic patterns may be seen, such as UIP, nonspecific interstitial pneumonia(NSIP) and even an unclassifiable pattern can be identified.
しかし、進行期においてはUIPや非特異性間質性肺炎(NSIP)のようなパターンが確認されることがあり、さらに分類不能なパターンも生じる可能性がある。


Asbestos body count was performed by experienced technicians in one of the institutions participating in this study.
本研究に参加した施設のうちの一つで、熟練の技術者が石綿小体数を計測した。


The method on counting asbestos bodies is detailed elsewhere. Briefly, one specimen was sampled from each lobe and trimmed so that the weight of the wet lung totaled to between 1 and 2g.
石綿小体数の計測法に関しては後に詳述する。簡単に説明すると、各肺葉から1個の検体を採取し、その湿重量が1~2gになるようにトリミングした。


In the autopsy cases, one sample was excised, avoiding the tumor. The specimens were mixed and allowed to react with laboratory bleach
剖検例では各肺葉から検体を採取し、その際には損傷の激しいものを除外した。肺葉切除例に関しては、腫瘍を避けながら一つのサンプルを摘出した。検体を混ぜ合わせて研究室の漂白剤と反応させた。

« Translate.comが75言語対応のスマホ用翻訳アプリを発売 | トップページ | 和訳サンプル »

医療・食品・バイオ分野の翻訳例」カテゴリの記事