« Purixan:メルカプトプリンの経口懸濁液が誕生 | トップページ | Adlyxin(lixisenatide):2型糖尿病の新薬にFDA承認 »

昆虫を食べると健康に良く、肥満に効果的

昆虫を噛み砕くことを想像してみください。気持ち悪いですね~。しかし、昆虫には多くの栄養が豊富に含まれており、健康に良いということが世界中で知られています。


国連のFAO(食糧農業機関)の報告によれば、世界中で約20億人が伝統的な食事として虫を食べています。これは食虫性entomophagy として知られています。


甲虫Beetlesが最も多く消費される昆虫であり、その他はイモ虫、蜂、蟻、バッタ、コオロギなどです。全部で1900種の虫が食用になると考えられています。


食虫性は中国やアフリカ、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、南米など、多くの地域で一般的となっています。


しかし、アメリカ人の72%は虫を食べることに否定的です。


FAOの報告によれば、西欧諸国の多くは食虫を原始的な行為と見なしています。


昆虫は栄養価が高いと考えられています。その多くはタンパク質や健康に良い脂質、鉄、カルシウムが豊富であり、炭水化物の含有量が少ないです。Insects are considered highly nutritional; the majority of them are rich in protein, healthy fats, iron, and calcium, and low in carbohydrates.


事実、FAO報告書の作成者は、昆虫には牛肉と同じ程度の栄養があると主張しています。


たとえば、コオロギ100gは約121カロリーであり、タンパク質12.9g、脂肪5.5g、炭水化物5.1 gが含まれています。牛肉100gには23.5gのタンパク質が含まれていますが、脂肪も多く、21.2g含まれます。


昆虫の脂肪含有量が少ないことから、肥満やそれに関連する病気に対して食虫が有効であるという考えが広まっています。

« Purixan:メルカプトプリンの経口懸濁液が誕生 | トップページ | Adlyxin(lixisenatide):2型糖尿病の新薬にFDA承認 »

食品」カテゴリの記事